【鬱病】パキシルはよくなかったか

およそ4年前より治療を続けてますが、その当時よりパキシルというSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors; SSRI))という抗鬱剤を服用していました。

2ヶ月ほど前より、これを徐々に減らしSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)という種類の薬を飲んでいます。
SNRIは日本ではトレドミンという薬しか認可されて下りませんので、トレドミンを飲んでます。

パキシルを辞めようと思ったのはmixiなんかでいろいろ鬱病の人の闘病日記を見てて、
かなり辞めてる人が多いこと。
自分にも悪い症状(だるさが抜けないとか、太ったとか…)にかなり思い当たることがあったこと。

それで、かかりつけの精神科医に相談して、薬を変えることにしました。

今はパキシル10mm、トレドミン50mm(本当は100mmだけど50mmしか飲んでなかったりw)を毎日服用しています。

快適とはいえませんけど…かなり調子はよくなりました。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。