【仮面ライダー】仮面ライダー555

DVD借りてみてます。
本放送時には実家に引っ越したりと途中までしか見てなかったので。

今見るとなかなか面白い。

争点は人間・仮面ライダー・オルフェノク・・・そして3本のベルトです。

特に中盤はベルトの所有者がころころ変わって、変身できる者がころころ変わる。

まぁオルフェノクにベルトを奪われても次の回には巧たちの元へ戻ったりしますが。

現在Vol9まで見ました。
ちょうど巧がウルフオルフェノクであることをばらした辺りですね。

前作である龍騎あたりからCGが多用されるようになりましたが、今作でもかなり使われています。
演出としてのCG(クリムゾンキッククリムゾンスマッシュの効果など)は割りといいんですが、ジェットスライサーのバトルや巨大なオルフェノクの表現などはCGだってことが分かりすぎてあまりよろしくない感じですね。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。