【ガンプラ】ガンダムSEEDリマスター記念 ホビージャパンの付録について

ガンダムSEEDのリマスターBD発売を記念して、バンダイではガンダムSEEDのキットをリマスターすることを決定しました。

それに併せて、発売されていないキットのHG化(現在はラゴゥのみ決定)およびホビージャパン誌上でもおまけがつくことが決定。

それがこれになります。

ストライクのオリジナル装備、グラウンドストライクもいいのですが、このカスタムキットの肝はやはり、ハイディティール志向の手と間接部にあると思います。

特に膝および肩の関節改善は現在のHGに比べてあまりできがいいとはいえない、旧SEEDのキットのプロポーション改善にはかなり役立ちます。

ただし、それでもネックになるのが上腕から肘にかけてです。

SEEDのHGキットの共通項(これはSEED DESTINYの中盤までも同じ)として、肩の部品から1本シャフトが伸びていまして、上腕のパーツを貫通し、肘のパーツを経由して下腕部のポリキャップに接続します。

そのため、腕の動きがかなり制限されるのです。

要は肘が1段階で90度までしかまがらない。

#実際にはもうちょっと曲がると思いますけど。

これを改善しないと、どうもねぇ…

RG買ってから放置してある、HGストライクも手を入れてみるかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。