【Perl】5.6→5.8へ・・・こりゃ面倒だぞ

現在仕事でとあるプログラムのリプレースを行っているのですが・・・

ぶっちゃければ、namazuと連携して検索を行うためのcgiです。

もとのプログラムがTurboLinux8上でPerl5.6.1を対象にくまれていたのですが、今回用意したサーバがCentOS5.7。

そのため、Perlが5.8.8なわけです。

まぁChaSenのインストールにも手間取りましたが、ようやく動かない原因が見えてきました。

どうもSocketで落ちているのかとおもっていたのでうが、どうやらそうではない。

原因がJcode・・・文字変換周りではないかということです。

ご存知のようにPerlは5.6→5.8で文字コード変換周りの仕様ががらっと変わりました。

元のプログラムでは文字コード変換をJCode.pmを使ってやっていたため、これを書き換える必要が出てきそうです。

まずは書き換える部分を調査しないとなぁ。

あと、JCode.pmを使って、全角半角変換もやっているのでここもなんとかしないと。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。