【PCゲーム】VMWarePlayerを導入

無人島物語4という古いゲームがあります。

どうしてもこれやりたくなったのでWindowsXPにいれてみたんですが、動作はするもののフォントなどの文字コード形態が違うためか文字化け起こします。
そのため、Windows95かWindows98が必要になるわけですが、1台用意するのもあれなので・・・

仮想環境でインストールしてみました。

まずよく使っているVirtualBOXをつかったんですが、これがうまくいかない。
で・・・ほかにも無料で使える、VMWarePlayerを利用してみました。

手持ちにあるのは、Windows98とWindows98SEのアップグレード版。

起動ディスクが必要なので、www.allbootdisks.com/よりWindows98SEの起動ディスクイメージをダウンロードして使用。
まぁとりあえずWindows98SEのインストールはうまくいきましたので、あとはwww.creative.comからサウンドドライバをDLしてきてインストール。
#この前にVMWareToolをインストールしておくこと。

なお・・・Windows98SEは標準のIEが5で、6まではアップデート可能。

ところがIE6ではすでに見れないサイトがあるため、ほかのPCでDLして共有フォルダをつかってデータのやりとりをします。
音が出るようになりましたので、無人島物語4をWin98SEにインストールして無事にゲームができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。