【Protectorモジュール】フィルタ機能の活用

XOOPSにおいてSPAM防御に力を発揮するProtectorモジュールですが、
使い方をいまいち勘違いしてました。
基本的に入れれば動くものだと思ってたのですが、そのままだとIPブロック等々の機能だけ。

$XOOPS_TRUST_PATH/modules/protector/

の中にfilter_enableとfilter_disableというフォルダがあります。
前者にあるファイルのフィルタが有効になり、後者が無効になります。

デフォルトでは後者の状態。
よって、必要なフィルタファイルを移動してやりましょう。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。